肌荒れとか大丈夫?サラフェプラスに危険はあるのか?

サラフェプラスは顔用の制汗剤なので、直接皮膚に塗る事になります。
副作用の危険などないのか心配ですよね。
当ページでは、サラフェプラスの商品の安全性についてまとめてみたので、ぜひご参考にしてみてください。

○サラフェプラスは危険という声があるけれど…

サラフェプラスは危険なものではありません。

噂では「毒性が強い」という声もありますが、サラフェプラスを肌につけてみても刺激は感じません。
もともと女性用として製造されたものなので、アルコールフリーで男性向けのような極端な爽快感もありません。

サラフェプラスは医薬部外品の認定を受けているという事もあり、成分表示上は「毒性が強い」と言われていますが、配合量や使用されている毒性成分も身体に無害な量です。
そのため、サラフェプラスは一定の安全性が確認されています。

デオドラント剤によくあるタイプとして、異常に清涼感を感じさせてしまうものがありますが、サラフェプラスはハンドクリームのような軽いつけ心地で使えるものです。

つけても肌はテカテカしないですし、毒性は強くても品質上は問題なく安心して使えます。

毒性というと危険なのでは?と懸念する人がいますが、汗を抑制するためのポリマーや収れん性に毒性があるだけです。
「汗を抑える」といった目的においては、危険性は極めて少ないと言えるでしょう
制汗目的のために、サラフェプラスを使うメリットは高いと言えます。

○汗ふきシートよりもサラフェプラスの方が安心

顔に汗をかいたら汗ふきシートで除去しようとする人がいますが、サラフェプラスを使った方がスキンケアとして肌予防ができますし、低刺激です。
汗ふきシートを使ってはいけないわけではありませんが、肌荒れのリスクが高いので、サラフェプラスを使った方が危険はないと言えるでしょう。
○サラフェプラスを安全に使っていくために

サラフェプラスは刺激が少なく安全性は高いですが、間違った使い方をしていては効果が落ちるばかりではなく、肌にとってもよくありません。

顔から出る汗も皮脂は水溶性です。
だから汗ふきシートを使わなくても、タオルや水洗い、水ぶきするだけでも十分汗は落ちるのです。
これが面倒な人や、大事な時に汗が出てほしくない、化粧崩れを防ぎたいという場合には、「サラフェプラス」などの制汗剤を使います。

制汗シートや汗ふきシートは、実は制汗効果が低いばかりか、肌の保湿力を担う表面の保湿成分を除去してしまうため、かえって症状が悪化してしまいます。

ローション系の制汗剤は安くて入手しやすいですが、清涼感はバツグンですが、制汗力という点では劣っています。
また、顔に使えるような制汗剤は極めて少なく、毒性も実はサラフェプラスよりも高い傾向にあります。

サラフェプラスなら他の製品と比べて安全性が高いのですね。
毒性が強いと言われているものの、体に危険があるわけではありません。
肌に塗った時の刺激も少なく、快適に使っていけるでしょう。

⇒91.7%が実感!サラフェの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ