汗をかくと顔にかゆみが出る原因って?

汗をかくと顔がかゆくなる事、ありませんか?
汗のせいでかゆみが出てしまうのにも原因があります。
当ページではその原因についてお伝えしていきます。
ぜひご参考にしてみてください。

○汗をかくとかゆみが出るのはどうして?

・乾燥しているから
乾燥する事で顔がかゆくなってしまう事があります。
エアコンや紫外線、クレンジングや洗顔のやり過ぎによって肌は簡単に乾燥してしまいます。
さらに、汗をかく事で水分が奪われて乾燥してしまう事もあります。

・紫外線で日焼けしているから
肌が赤くなっていないとつい見過ごしてしまいがちですが、紫外線によって肌にダメージが出てしまう事があります。

日焼けしてしばらくたつと肌がかゆくなる事がありますね。
それは紫外線ダメージによるかゆみなのです。

この場合、紫外線にやられないよう、化粧下地に日焼け止め効果が含まれているものを使うといいでしょう。

・皮膚がふやけている

汗で皮膚がふやけてしまうと、かゆみの原因になります。
普通、顔に汗をかいたらハンカチでふきたくなりますよね。
しかしゴシゴシこすると肌にとって刺激となるのでダメージを与えてしまいます。
しかも皮膚がめくれてしまう事があり、小さな傷がついてしまうでしょう。
傷がつくとチクチクしみてしまい、かゆみを感じることがあります。

特に汗が出やすい鼻筋や耳下、おでこは皮膚がふやけやすいです。
抑え拭きするようにするといいでしょう。
ちなみにこの時使用するハンカチやタオルには、柔らかい素材を使うといいです。
また、乾いたタオルを使うよりも、濡れたままの方が肌への摩擦をしっかり防ぐ事ができ、
肌の乾燥もガードできるでしょう。

○かゆみを防ぐ解決法とは?

・冷やす

かゆみは冷やすと症状が良くなります。冷やしたタオルなどを使って顔を抑えるようにすると効果的でしょう。

乾いたタオルだと摩擦が生じてしまい、肌に刺激が加わってしまいます。
そのため、必ず濡れたタオル、冷やしたタオルを使うようにしましょうね。

・肌の乾燥対策する
乾燥によるかゆみは、やはりなんといっても乾燥対策する事です。
かゆみは肌が乾燥する事によっても起きやすいので、化粧水でしっかり保湿していく事が大切です。

日々の保湿対策は勿論、かゆみが出ている部分はコットンに化粧水をふくませ、パックしてあげると保湿できるでしょう。

頬やおでこだけでなく、かゆみが出やすい脇や鼻筋、小鼻にもしっかり潤いを与えてあげましょう。

可能であれば、日中でもこまめに保湿ミストなど使い、顔が乾燥しないようにこまめにケアしてあげます。^

・汗をふく

顔汗がつきっぱなしだと皮膚がふやけてしまい、雑菌もつきやすくなってしまいます。
雑菌がつけばかゆみの原因になる事もあるので、できる限り早めにソフトな素材のタオルで顔をふいてあげましょう。

この時、こするようにして拭くのではなく、軽くおしあてるようにしてふくのがコツです。

上記の原因や対策法を参考に、かゆみをガードしていきましょうね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ