汗で顔が痛い時はどう対処する?

顔汗に悩んでいる女性は意外と多いです。
勿論男性でも顔汗に困っている人はいますが、そんな方たちにおすすめしたいのが「サラフェプラス」という顔汗専用の制汗剤です。

汗で顔が痛くなるという人にもよく効くのでおすすめです。
それにしても、どうして汗で顔が痛くなってしまうのでしょうか?
痛い時はどのように対処して痛みを抑えればいいのか、ここで学んでみましょう。

○汗で顔が痛くなる原因って?

汗で顔が痛くなってしまうメカニズムは、汗をかく事によって皮膚の水分が蒸発し、肌自体が水分不足を引き起こすからです。

肌表面は汗でべたついているように見えても、実は肌自体は乾燥しています。
乾燥するとは肌はいつもよりデリケートになってしまい、刺激によってヒリヒリしてしまいます。
このような肌を一般的に「敏感肌」といっています。

乾燥肌になると敏感肌になりやすくなり、敏感肌になると角質層のバリア機能は崩れてしまい、刺激に敏感に反応するようになってしまいます。
この時の反応が「顔の痛み」です。

今のところ敏感肌を国風できる治療法はないので困ってしまいますが、対策する事は可能です。

それにはとにかく肌を乾燥させないようにする事です。

○乾燥肌対策して顔の痛みに対処する

乾燥肌や刺激による顔の痛みを緩和していくためにも、まずは今出ている顔汗をふきとりましょう。
この時、お肌に刺激を与えないように優しくタオルをおしあてるようにしてぬぐいます。ゴシゴシこすってしまうのはいけません。

この後は乳液や化粧水で保湿します。

ただし化粧水が顔にしみてしまう場合には、保湿クリームにしておいた方がいいでしょう。

といっても、女性はメイクをしている事が多いので、化粧の上から汗をふきとる、今すぐ化粧直しするというのが難しくなりますよね。
そこで活用できるのが、【サラフェプラス】という顔用制汗剤です。

○サラフェプラスでしっかり保湿できる!

サラフェプラスは化粧下地としてお化粧前に塗っておくだけで、汗を吸着してくれます。

時間や場所を気にせず濡れますし、痛みも気になりません。
サラフェプラスを使えば乾燥防止になるからです。
保湿成分もたっぷり含まれているので、汗を抑えつつも肌をしっかりガードしてくれるでしょう。

サラフェプラスのいいところは、基礎化粧品を使った後にさっと塗るだけで簡単に使えるところです。
使用時間はたった5秒程度なので、朝の忙しい時間帯でも手間がかかりませんよね。

○「顔用」としてはサラフェプラスが日本で初めて!

これだけ技術も最新になってきているので、顔専用の制汗剤が使えるようになっても全くおかしくありません。
でも実は、サラフェプラスが顔汗用としては日本で初めての製品だったのです。
今まで人に言えなかったものの、実は顔汗で悩んでいたという方はきっと多かったはずです。

サラフェプラスはまさにピンポイントで作られた、優れた制汗剤という事ですね。
顔汗や顔の痛みが気になる人は、ぜひサラフェプラスで対処してみてください。

⇒91.7%が実感!サラフェの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ